" />

ロードバイクに関する情報発信ブログ

ぽたろぐ。

ロードバイク

腹筋とお尻とハムストリングと骨盤を意識してペダリングすること

まだ自分の感覚として体得できていないのですが、タイトルどおりのペダリングができるようになりたいものです。

 

クランクが回転運動するものだから「回す」イメージにとらわれすぎていたんですが、もっとシンプルに考えることにしました。

 

いや、中級~上級の方にとってはまた違う話なのかもしれませんが、今の自分にはムリ。

 

回すためには上死点で前に押し出す力と下死点で後ろへ引く必要なんでしょうが、ここを意識しすぎて脹脛に力が入ってしまい攣ったり筋肉痛に悩まされたりしていました。

 

そこで太腿の上下だけを意識して、あとは惰性で回ってくれればとりあえずよし!とすることにしました。

 

これだったら

  • 大きな筋肉である腹筋を意識して太腿を持ち上げる
  • これも大きな筋肉であるハムストリング・尻周りの筋肉を意識して太腿をおろす

というシンプルなイメージを持つことができそうです。

 

足先で回そうとするのではなく、もっと大きな筋肉を上手く使えるようになると身体の負担を減らしつつより高い出力を得られるはず。

 

そうするとより長い時間、より高い速度域で巡航できたりより高い登坂力を得ることができるのではないかと。

 

「ロードバイクは全身の筋肉を使うもの」とどこかで見かけた気がしますが、その意味をすこしだけ理解できた気がします。

 

頭でわかったからと言って実行できるわけではないのが最大の問題ですが…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ロードバイク
-

Copyright© ぽたろぐ。 , 2020 All Rights Reserved.